アルテ カルチャー 高松の『Owner Blog - オーナーブログ』

女性起業家として経験し積み上げてきたこと、日々の感じたこと、
アルテカルチャー高松で繰り広げられる人間模様、楽しくもあり嬉しいこと、綴ります。

時間の感じ方

カルチャー講座は ○○時 から ○○時でと講座の時間が決まっています。

講座時間は30分、60分、90分、120分 など
メニューによって違います。

 

皆さんなら どれくらい前の時間に到着されますか?

着替えのあるメニューは余裕を持ってだと思いますが
座学などは 5分前着をお勧めしています。

 

よく聞く言葉
「早く着きすぎたんですが、かまいませんか」

これが一番の困ったことです。

 

・前講座の片づけ中、まだ準備できていません
・黙って待っていますからと子どもさんだけ預かったとします。
黙って待ってる子どもはいません。   結果、こちらが話し相手に。

講座を担当してる講師も同じことが多々あります。
何時以降に入室ください。

 

早く着いたとします。
近場で時間待ちするとか、自分のレッスンのシュミレーションするとか

「早い」  「早く行くことで安心したりすることが 自分の方針」 かもしれませんが
場所には場所の 決まりや 事情があります。

 

相手に合せること、その範囲で自分が通してもらいたいことを

 

伝える技術
講師には そんな器量や技術が、講座の腕に足されてほしいと思います。

秀樹クッキー


人は自分が決めたように結果の答えをだしていくものです。

よく使われる言葉

 

「ご相談したいことがあります」

そしてたくさんたくさん会話をします。
でもね、最初から結論のような答えを持っての 相談

こちらの意見は通りません。多くの場面は悲しいことになります。

 

お話ししたいことあります。

そう言ってくださいませんか。

 

なんとか良い方法を探すことが 相談

 

答えを持ってくる場合は

「お話ししたい、お伝えしたいことあります」

そんな風に 使ってほしいな。

IMG_5195


検討します
 

またいつか
 

そのようにいたします
 

そうかもしれません
 

自分にはわかりかねます
 

お預かりします
 

普通に使用していますが

それに対して、そのままで置いておくと何も進まず。

答えもでないような曖昧になります。
 

むかしは 早く早くと結果を求めていた頃もありますが

今は、その曖昧には気乗りがしないという意味も含めて使っている時もあります。
 

こんなことを言うと、これから私と係っていただく方々が 観察しちゃうかも
 

お洋服でいうと ニュアンスカラー と言うようです。

Processed with MOLDIV


1対1で会話をしてても主語が抜けたりすると意味不明なこともあります。

1対多の時には、貴方は誰?

時には、誰ですか?と聞き返せない場面もある。

 

 

知ってくれてるはず、わかってるはず、覚えてくれてるはず

まず、その○○のはず   どかしてみませんか。

 

 
その方が、会話でもメールでも、テンポよく進みます。

IMG_5742


暫くオーナーブログから遠ざかってました。

 

お客様から
「あれ!英語で書いてるよ・・英語できるの、すごい!!」となど言われ

「そんなわけないやん」と、自分のブログを開くと英語になってる。

 

 

その頃は何かの不具合で英語に文字化けしちゃったんだ。これは私には直せないから
プロに聞こうとおもい、随分と放置していたら、とんでもないことになってました。
ブログの乗っ取りってあるんですね。驚きました。
気をつけよう、気をつけよう

 

 

 

自分のことは自分で管理しなきゃ
ちゃんと見てなきゃ。

 

 

整理整頓、片づけ、これが一番身を守る方法。

 

 

 

これは一番、出来てないことですが。
先日の気学イベントでも 言われてました。処分処分。

IMG_5107

 


1 / 1812345...10...最後 »

↑ページトップへ

アルテ カルチャー 高松の『Owner Blog - オーナーブログ』

ARTE(アルテカルチャー高松)オーナー旧ブログ『TANOまれやBOSSブログ』はこちら

アルテの輪を広げよう!リンク用バナーダウンロード

カレンダー

2020年8月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31